© 2016 OMOYA Inc. All Rights Reserved.

文化人マネージメント事業 

 

OMOYA Inc.では「人がより良く生きる、より豊かに生きるために」をコンセプトに、文化人マネージメント事業をスタート致しました。次代を担うイノベーティブな文化人の方をお迎えし、新しい未来に向けてさらに躍進致します。

講演・取材などのご依頼、お問い合わせにつきましては、CONTACTからお願い致します。

(ホームページ上には公開していない文化人もおりますので、詳細はお問い合わせください。)

「人類がよりよく生きるとは何か?そのためにどのような貢献ができるのか?」

石川 善樹(医学博士) 
YOSHIKI ISHIKAWA (Ph.D.)
予防医学研究者 

公益財団法人 Well-being for Planet Earth 代表理事

(株)Campus for H共同創業者
 
(株)Campus for H http://campus-h.com/
Twitter  
https://twitter.com/ishikun3

【経歴】
1981年、広島県生まれ。 東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。 「人がよりよく生きるとは何か(Well-being)」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。
専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。
 

【著書】
・友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法 (マガジンハウス)
・最後のダイエット(マガジンハウス)
・疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座(プレジデント社)
・仕事はうかつに始めるな ―働く人のための集中力マネジメント講座(プレジデント社)
・仕事力をアップする はじめての「フロー」入門 (株式会社ピースオブケイク/石川 善樹・西本 真寛著)
など
 
【登壇】
・TEDxUTokyo「命のヒミツ:私たちの寿命に影響しているものは?!」

 The Secret of Life: What Really Makes Us Live Longer
    https://www.youtube.com/watch?v=kR18b97Gx-U

講演テーマ・研究テーマ(Research Project)
 

○意思決定と行動
<ダイエット、がん検診、生活習慣(運動、栄養、休養)、購買行動、行動変容テクニックの標準化>
 
○脳
< マインドフルネス、人工知能>
 
○ヘルスコミュニケーション
< 健康情報の拡散メカニズム、国家規模でのヘルスキャンペーン戦略の構築、ソーシャルマーケティング>
 
○ウエルビーイング
<つながり、在宅死/病院死の決定要因、患者と家族の死亡場所に関する希望の一致、諸外国における在宅ケア制度>
 
○情動
< 笑い、おもてなし>
 
○達成
< オリンピック選手の「勝利の習慣」、 Grit(やり抜く力)とJob Performance>