© 2016 OMOYA Inc. All Rights Reserved.

WORKs

&

Projects.

OMOYA Inc. のプロジェクト、お仕事などをご紹介します。

(※公開できる一部プロジェクト、お仕事のみをご紹介しております。)

石川善樹と大和ハウス工業様が共創して開発した「森が家」が誕生。
OMOYA Inc.で文化人マネジメントをしている予防医学研究者の石川善樹が、大和ハウス工業株式会社様と共創したプロジェクト「森が家」がお披露目になりました!

人生100年時代に50歳からの人生をいかにストレスなく、心身ともに健康に生きられるかが、人生100年時代の質を決めると考え、この3rd age(50~74歳)のより良い暮らし方を提案する新しいコンセプトハウスが生まれました。今回の「森が家」のコンセプトは、都会に住みながら「都市ストレス」を軽減するための「五感のゆらぎ」と「人とのつながり」に着目しているのが特徴です。

組織変革のための『ナラティヴ・アプローチ』ワークショップレポート

埼玉大学大学院准教授 宇田川 元一先生と、トランスフォーム合同会社の稲墻 聡一郎さんと一緒にプログラム開発をさせて頂いた「組織変革のための『ナラティヴ・アプローチ』ワークショップ」のレポートがBizZineで掲載されました。
 
■宇田川先生が語る、違和感を表に出して語れる関係を作る「アダプティブ・リーダー」が組織変革に必要な理由
『ナラティヴ・アプローチ』ワークショップレポート【前編】
https://bizzine.jp/article/detail/3255

■問題に名前をつける「外在化」の威力を知る──「組織的対話」に存在する障壁の高さを解消するには?
『ナラティヴ・アプローチ』ワークショップレポート【後編】
https://bizzine.jp/article/detail/3286

経産省 近畿経済産業局LED関西 in 京都で、登壇させて頂きました!


今回は「想いを価値にして事業を通して社会を幸せにする方法」というテーマで、どうやってやりたいことを、京都で大切にされてきた「四方よし」の、かつ継続的な事業にしていくかについてお話させて頂きました。

また京都ソーシャルイノベーション研究所の大室先生からソーシャルイノベーションについてや女性が起業家として活躍する際に活かせる強みについてお話頂き、LED関西のファイナリストで日経WOMANの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」大賞に選ばれたminitts代表取締役の中村朱美さんも登壇し、とても学びの多い楽しい時間でした。

埼玉県東松山市主催の女性創業セミナーで「女性が起業するときに知っておくべき大切なこと」をテーマに講演させて頂きました!!


自分のやりたいこととどう向き合うのか、その中で本当に事業として貢献したいことはどんなことなのか、それをどう事業化していくのか、そして一人ではなくどうやって皆で実現していくのかなどについてお話させて頂きました。

倉敷ロイヤルアートホテルで、OMOYA Inc.のLife is ART!!(アート研修)をさせて頂きました!


この「Life is ART!!」は“個と組織のクリエイティビティを解放する”をテーマとした人材開発・組織変革のプログラムなのですが、 第一部の『美・アートとは何か?』から始まり、実際に第二部で絵を描いてもらう体験(ワーク)と、第三部で企業や組織のコンセプトストーリーをみんなのアイデアや想いから作り上げていく3部構成で実施しました。アートを取り入れることで、みんなの声を聞き、アイデアを皆で出し合い、イノベーティブな発想を生み出したり、創造性を公平に解放する体験をして頂きました。

ソフトバンク株式会社のBizTerraceマガジンで、女性起業家対談として取材頂いた記事が公開されました!


前編はこちら

後編はこちら

 
女性が活躍するってどういうこと?自分らしく働くとは?お仕事における信条などについてお話させて頂きました。

THE CHOICEの「2018 WOMEN'S SUMMIT & GALA」にて、「人と組織を理解する心理学」をテーマに講演させて頂きました。


東京ミッドダウンで開催されたTHE CHOICEの「2018 WOMEN'S SUMMIT & GALA」にて、「人と組織を理解する心理学」をテーマに講演させて頂きました。

心理学、コミュニケーション、そして最近社会実装研究している「組織においてのナラティブ・アプローチ」のエッセンスもほんの少しだけ入れながら、お話させて頂きました。

平成30年度大分県女性起業家創出促進事業の一つである「Product Women Hub」にて、地域資源等を活用したプロダクト・商品・ものづくりをしている女性起業家向けの講演をさせて頂きました。
 

平成30年度大分県女性起業家創出促進事業の一つである「Product Women Hub」にて、地域資源等を活用したプロダクト・商品・ものづくりをしている女性起業家向けに、弊社代表の猪熊が講演をさせて頂きました。

講演では、今あるプロダクトをどうやって顧客のニーズを捉えた「商品」として育てていくか。マーケティングや事業戦略としてのお話をさせて頂きつつも、お一人おひとりが創られているプロダクトの、それを創ることになった想いや情熱をお聞きしながら、どんな人のどんな価値として届けたいのかに真剣に向き合う時間でもありました。

経済産業省 近畿経済産業局のLED関西×女子未来大学で、「ビジネスプランをブラッシュアップする事業戦略ゼミ」の講座を開催。


経済産業省 近畿経済産業局のLED関西×女子未来大学で、「ビジネスプランをブラッシュアップする事業戦略ゼミ」講座を開催させて頂きました。
今回の講義では、弊社代表の猪熊がやりたいことを事業にするというところから一歩踏み込み、参加者の皆さんに事業計画案のエントリーシートを記入してきて頂き、皆さんそれぞれの事業計画を、LED関西の過去のファイナリストの素敵な皆さんがメンタリングしながら直々にアドバイスしてブラッシュアップするというゼミ式の講座を実施しました。

社会保険労務士制度創設50 周年記念事業 「働く人の未来を幸せにしたい」シンポジウムのパネルディスカッションに登壇。
 

社会保険労務士制度創設50 周年記念事業 「働く人の未来を幸せにしたい」シンポジウムのパネルディスカッションに弊社代表の猪熊が、登壇させて頂きました。

「働き方改革」をテーマに、
・なぜ今、働き方改革なのか?
・これからの働き方がどう変わる?幸せな働き方とは?
・中小企業に必要な働き方改革とは?
・働き方改革を達成するために

などについて、登壇者の素晴らしい先輩方とご一緒させて頂き、勉強させて頂きながら楽しくディスカッションさせて頂きました。

Biz/Zineにて、『「自分の主体性」を疑い、新しい選択肢を見出す。ナラティブ・ストーリーから考える現状打破の秘訣とは』が掲載されました。(後編)
 

Biz/Zineにて、『「自分の主体性」を疑い、新しい選択肢を見出す。ナラティブ・ストーリーから考える現状打破の秘訣とは』が掲載されました。
インタビューでは、

・ブラック職場で発生しやすい「ドミナント・ストーリー」からの脱却

・新しい選択肢としての「オルタナティヴ・ストーリー」の見つけ方

・ナラティヴ・アプローチとセルフマネジメントでの新しい選択肢の見つけ方についてお話させていただいています。

​記事はこちらから

Biz/Zineにて、「他者との関係性から自分が何者かを知る「セルフマネジメント」─適応課題に向き合う「ナラティヴ」とは」が掲載されました。(前編)

 

Biz/Zineにて「他者との関係性から自分が何者かを知る「セルフマネジメント」──適応課題に向き合う「ナラティヴ」とは」が掲載されています。
インタビューでは、

・他者との関係性を構築する上で重要な「セルフマネジメント」

・関係性構築の際に考慮すべき「依存関係」

・「連帯」という他者との関係

・苦しさを語ることができる「環境」
についてお話させていただいてます。

​記事はこちらから

日経ビジネススクールの『【第18回】次代を拓く日経オオテマチ会議「女性」×「働く」のリアル談義 〜私らしく働くとは?〜』に登壇させて頂きました。


日経ビジネススクールの『【第18回】次代を拓く日経オオテマチ会議「女性」×「働く」のリアル談義 〜私らしく働くとは?〜』に弊社代表の猪熊が登壇させて頂きました。


・女性たちにとっての働きがいと働きやすさとは?
・どうして女性が活躍しないといけないの?
・ロールモデルがいない、活躍している女性がマイノリティ問題
・管理職になることだけが活躍ではなく、自分ならではの多様な「活躍」

などについてについて参加者の皆様と共に考え、ディスカッションをさせて頂くリアルな講座になりました。

群馬県太田市主催のおおたなでしこ未来塾で、今年もマーケティングと事業化についての講演をさせて頂きました。

弊社代表の猪熊が、群馬県太田市主催のおおたなでしこ未来塾で、今年もマーケティングと事業化についての講演をさせて頂きました。

今年は例年よりも人数が多く、それぞれのらしい事業で起業を考えている、もしくはすでに起業している女性達が集まってくださいました。

経営は答えがないし、日々自分たちも成長しなければいけない仕事なので、大切な同志をこういったプログラム(おおたなでしこ未来塾のような)の出会いからも繋がって、長いご縁として関わりながらサステナブルな事業に繋がっていくことを願っています。
 

経済産業省 近畿経済産業局のLED関西(女性起業家応援プロジェクト)×女子未来大学 「やりたいことを事業化するための初心者向け起業講座@大阪」で講演させて頂きました。
 

経済産業省 近畿経済産業局のLED関西(女性起業家応援プロジェクト)×女子未来大学 「やりたいことを事業化するための初心者向け起業講座@大阪」で弊社代表の猪熊が講演させて頂きました。
今回は、やりたいことはあるけれど、それをどう事業化していくのか分からないという女性に向けた、基礎的なマーケティング、事業企画の知識をお話しながら、自分で今考えている事業やビジネスプランをワークを通してさらに磨いていく講義を行いました。

アジアのエグゼクティブ女性のネットワーク「THE CHOICE」で「人と組織を理解する心理学(導入編)」をテーマに講演させて頂きました。
 

アジアのエグゼクティブ女性のネットワーク「THE CHOICE」で「人と組織を理解する心理学(導入編)」をテーマに講演させて頂きました。
 

心理学は、実態経営の中で活用される機会も増えています。

「経営」×「心理学」に関わる人間の一人として、女性の可能性を活かせることに、人の可能性を拓くことに、組織の可能性を最大化していくことに、
今後も少しでも貢献できたらいいなと改めて思いました。

日経MJにSHElikesで「働く女性が知っておきべき20のこと」をテーマに授業をさせて頂いた記事が掲載されました。


日経MJにSHElikesで「働く女性が知っておきべき20のこと」をテーマに授業をさせて頂いた時の記事が掲載されました。

東京女子大学の香川支部 同窓会にて「これからの女性の幸福論」をテーマに、香川にて弊社代表の猪熊が講演させて頂きました。


弊社代表の猪熊が東京女子大学の香川支部 同窓会にて「これからの女性の幸福論」をテーマに講演させて頂きました。

今回のテーマの「これからの女性の幸福論」 は、時代が大きく変わる中で、女性の生き方や働き方にどんな悩みや葛藤があるのか、またそれを乗り越えていくためにどんな知恵や力を持っていくのが良いのかということをお話させていただきました。

PERSOLグループさんの「はたらいて、笑おう。」の特集でインタビューをして頂きました。
 

弊社代表の猪熊がPERSOLグループさんの「はたらいて、笑おう。」の特集でインタビューをして頂きました。

  
なぜ私が10年以上「女性が自由に豊かに生きられる社会を」と言い続けているのか、女子未来大学について、今後の未来の目標についてお話させて頂きました。

​記事はこちらから

茅野駅前のベルビア二階にオープンした、ワークラボ八ヶ岳で、

「女性の新しい働き方の今」をテーマに講演させて頂きました。


弊社代表の猪熊がワークラボ八ヶ岳(WORK LAB YATSUGATAKE)で、「女性の新しい働き方の今」をテーマに講演させて頂きました。
 

働き方や暮らし方、生き方が大きな変化を迎えている今だからこそ、

一人ひとりがどんな在り方を望んでいるのか、「本質的にどうしたいのか?」を探求し、知識を得ていく力が必要です。1人の力では限りがあるからこそ、コミュニティがとても重要になっているのだと思います。
トークセッションでは、会場からもアクティブに質問を頂き、とても嬉しかったです。

弊社で文化人マネジメントしている予防医学研究者の石川善樹と、元スピードスケート選手で金メダリストの清水宏保氏との対談「金メダリストと研究者が語り合うスポーツとビジネスの共通点」が現在発売中のAERA(3月19日発売・朝日新聞出版)に掲載されています。
 

「グローバルに活躍するアスリートとビジネスマンの共通点とは?」「プレッシャーや緊張、疲れなどをいかにセルフマネジメントするか」「何を“勝ち”とするのか?」などお二人の対談がとても面白いので、ぜひご覧頂けますと幸いです。

https://publications.asahi.com/ecs/12.shtml

太田市、桐生市、みどり市、伊勢崎市の4つの市の市役所職員の労働組合にて「女性が活き活きと活躍できる社会へ」というタイトルで講演させて頂きました。
 

弊社代表の猪熊が、群馬県・太田市、桐生市、みどり市、伊勢崎市の市役所職員の労働組合で「女性が活き活きと活躍できる社会へ」をテーマに講演をさせて頂きました。

女性の「意識」​「実力」「環境」をどのように3本柱で向上させていくか、今起きている課題と、その解決策について、マネジメント、モチベーション、性差を理解するなどの角度からお話させて頂きました。

群馬県立太田女子高校で高校生約300名に向けて「私らしさのつくりかた」の講演をさせて頂きました。
 

群馬県立太田女子高校で高校生約300名に向けて弊社代表の猪熊が「私らしさのつくりかた」をテーマに講演をさせて頂きました。

多感な年頃で、未来に大きな可能性や選択肢がある高校生の時代に、
 
・自分だったらどんなことを話してもらえたら勇気づけられたか?
・変化する未来をどう捉えていくか?
・その中で自分らしさを活かして誰かの役に立つことで、自分も誰かも幸せになるようなそれぞれの生き方とは?
 
ということを中心にお話させて頂きました。

新宿高島屋 美術画廊にて、日本画家 若佐慎一氏との「アートの視点で女性を語る」ギャラリートークを開催しました!
 

日本画家・若佐慎一氏の新宿高島屋での個展「コトナル」の会期中に、「アートの視点で女性を語る」をテーマに、ギャラリートークで対談させて頂きました。

ギャラリートークでは、
・起業家という視点から見たアート、アートと対峙した時に感じること
・1人の女性が多様な顔を持つ、女性の多面性について
・女性らしさとはなにか、女性をどう捉えるか
・若佐さんの絵を描くモチベーションについて
・日本らしさとは何か、日本にある当たり前を見つめて、その精神性を探る など、女性らしさと女性の可能性について、お話させて頂きました。

ad tech tokyoのTECHWAVEにて「対女性マネジメント講座:彼女達の働きがいとは?」をテーマにトークセッションのモデレーターを
務めました!
 

弊社代表の猪熊が、ad tech tokyoのTECHWAVEにて「対女性マネジメント講座:彼女達の働きがいとは?」をテーマにトークセッションもモデレーターを務めさせて頂きました。

これからの女性の働き方、さらには女性マーケティングの可能性について、三部構成でディスカッションを実施。


・女性がより自らの可能性や能力を活かす、仕事において成果をより出していくために必要なスキル・力・成長とは?
・女性メンバー・部下に対するマネジメントや女性が多い組織で苦労しがちなポイントとは?
・女性×マーケティングの可能性とは?(「感性を活かす」とは?)

​などをテーマに池原真佐子さん、大本綾さんとお話させて頂きました。

新電元工業株式会社様でダイバーシティ推進セミナーとして、
「女性が活き活きと働ける会社になるために」をテーマに講演。
 

新電元工業株式会社様は、半導体や電源、電装、ソレノイドなどの事業を行う、従業員数4700名を越える大きな企業様なのですが、 ダイバーシティ推進や女性活躍推進に対する取り組みの一つとして、今回のセミナーには全国からテレビ会議も含めて100名近くの皆様にお集り頂きました。

ダイバーシティ推進セミナーでは、弊社代表の猪熊が「女性が活き活きと働ける会社になるために​」をテーマに、マネジメント層の皆様、そして女性社員の皆様、双方に向けた講演をさせて頂きました。

マドンナプロデュースのスキンケアブランドMDNA SKINの“ My DNA, My Choice”「私の選択が私の人生をつくる」のインタビュー動画が公開になりました!
 

マドンナが世界で初めて開発したスキンケアブランド「MDNA SKIN」。 
このMDNA SKINの「My DNA, My Choice」のプロモーションムービーに、弊社代表の猪熊が登場させて頂いています。

「My DNA, My Choice」は、“私の選択が私の人生をつくる”をコンセプトに、
聡明でありながら大胆に自らの道を貫く、しなやかで美しい女性たちの選択「My Choice」をMDNA SKINが支援するキャンペーン。

 

プロモーションムービーはこちらからご覧頂きます。
 

POLA×メルセデスベンツが開催するイベントPOLA TALKER'S TABLE FEAT. WE/で「私らしさのつくりかた」をテーマにトークイベントをさせて頂きました!
 
弊社代表の猪熊が、POLA×メルセデスベンツが開催するイベントPOLA TALKER'S TABLE FEAT. WE/において「私らしさのつくりかた」をテーマに、Inspiration Talkや自分らしさを引き出すワークショップなどを実施させて頂きました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
女子未来大学でも大切にしていることですが、「すべての人がすべての人から学ぶ」ことができます。なので、猪熊が一方通行に話すだけではなく、ワークを通して参加者同士が気づきをシェアしたり、参加者同士の女性たちもお互いに学び合う。同じテーマのために集まった皆さんだからこそ、それぞれに共感出来る部分や、自己理解と他者理解を深め、学びながら創発する場になったのではないかなと思います。
安倍昭恵さんが校長を務める、UZUの学校 in 秋田に登壇させて頂きました!
 
秋田県・湯沢市での中学生向けの「夢トーク」を終えて、秋田2日目は、安倍昭恵さんが校長を務める女性フォーラム「第二回 UZUの学校 in 秋田」にパネラーの一人として登壇させて頂きました。会場は200名近くの女性たちで満員御礼!秋田からはもちろん、他県からも多くの女性たちが集まっていました。
女性の第一歩を応援する学校として設立された「UZUの学校」。
UZUの由来は、日本神話に出てくる女神“アメノウズメ”を由来とするそうです。また、多様な違うもの同士が交わることで始めて起こる「渦」という意味でも、多様な女性たちが集まり、その一歩を踏み出し、一つの力として新しいものを巻き起こして欲しいという、昭恵さんの想いがこもっています。
まず最初に首相夫人の安倍昭恵さんの講演があり、その後8人のパネラーが登壇し、パネルディスカッションが行われました。
秋田県湯沢市の6つの中学校から中学2年生が集まって行われた、『夢トークin YUZAWA』に登壇させて頂きました!
 
「夢トークin YUZAWA」では、まず冒頭に首相夫人の安倍昭恵さんから「今、伝えたい『これからの私』を見つけるために」というテーマで講演が行われ、
その後にパネルディスカッションとして、パネリストの安倍昭恵さん(首相夫人、UZUの学校 校長)、高橋一也さん(工学院大学附属中学校 教頭)、橋本清美さん(Dojima Sake Brewery UK & CO.CEO)と一緒に弊社代表の猪熊も登壇させて頂きました。
秋田の中学生の純粋でキラキラした眼差しや、本質を知ろう、学ぼうとするその姿勢から、たくさんのことを教えて頂く機会でした。
岡村製作所 労働組合のWoman Forum 2017 で女性活躍推進をテーマに講師をさせて頂きました!
 
先日、オフィス家具・商環境の店舗用什器では国内シェアトップの株式会社岡村製作所 労働組合主催のWoman Forum 2017で「女性が長くいきいきと働ける会社にするために」というテーマで、弊社代表の猪熊が講演とワークショップの講師をさせて頂きました。
ワークショップの中では、個々の皆さんのキャリアの転換期や成長したポイントについて振り返りの2人組ワークを行ったり、グループで「自社で女性が長く活き活きと活躍するための課題とアイデア」などを考えて頂く、アイデアワークショップを実施しました。
リクルートホールディングスの女性活躍推進「Career Cafe 28 BOSS」で予防医学研究者の石川善樹が登壇させて頂きました!
 
(株)リクルートホールディングスの女性活躍推進の取り組みの一つ、「Career Cafe 28 BOSS」でOMOYA Inc.で文化人マネージメントを行っている、予防医学研究者の石川善樹が登壇させて頂きました。
昨年も「Career Cafe 28 BOSS」に予防医学研究者の石川善樹とプロノバ岡島さんと一緒に対談させて頂き、<女性の特性を理解する>というテーマで、科学的・心理学的な性差の違いや、そこで生まれるコミュニケーションのギャップなどについてお話させて頂いたのですが、昨年に引き続き今年も同じテーマで登壇させて頂きました。
[そもそも「男性」「女性」とは?][脳の構造や、性ホルモンとストレスの関係、それによるコミュニケーションやストレス対処の違い][感情のマネージメントと、理性の特徴][男女の信頼構築の方法]など、科学的、心理学的な視点から、男女という性差だけでなく個人差も含めて、異なる人同士が「人間」としての理解を深める機会となりました。
新宿伊勢丹にて老舗ジュエラーL&Co.×100 carats of beautiful lifeのトークイベントに登壇させて頂きました!
 
「日本らしいしなやかで美しい女性になるために」というテーマで、私が尊敬する美しい女性の先輩たちに教えて頂いたこと、日本の伝統文化やそこにこめられた想いについてお話させて頂きました。
今回、L&Co.さんとコラボレーションしてプロデュースした七宝文様のジュエリーは、日本伝統文様に込められた意味や想いを知り、現代を生きる女性たちのライフスタイルにも取り入れて欲しいという想いでつくりました。
お話しながら日々、女性の美しさやしなやかさ、思いやりの気持ちを教えて下さる素晴らしい女性たちに囲まれていることに、あらためて感謝したくなりました。お越し頂きました皆様、ありがとうございました。
スポーツ・文化・ワールドフォーラム 京都プログラム、クリスタルアワード受賞者を迎えての特別ワークショップのコーディネートをさせて頂きました。
 
2020年東京オリンピック、パラリンピックに向けたキックオフである文科省、文化庁、スポーツ庁主催の「スポーツ文化ワールドフォーラム」。観光とも連動させつつ、スポーツ、文化、ビジネスによる国際貢献や有形・無形のレガシー等について議論、情報発信し、ムーブメントを国際的に高めるためのキックオフイベントです。 
19日の京都プログラムである妙心寺退蔵院で行われた、世界経済フォーラム(ダボス会議)が国際社会の文化交流と世界平和に貢献した芸術家や文化人に授与する賞(クリスタルアワード)の受賞者を迎えての特別ワークショップの一部コーディネートのお手伝いをさせて頂きました。
今回のこの特別ワークショップでは、京都の経営者の皆様、京友禅や刺繍など日本伝統文化や、オリンピック、スポーツ、ファッション、アートに関わる皆様、能楽師、日本画家、漆作家、書家、鏡師、元Jリーガー、刀匠、科学者など多彩な20名ほどの皆様のコーディネートをさせて頂きました。
Innovative City Forum 2016  日経ビジネススクール×ICF2016 Joint Program「TOKYOが担うべき多様性、もたらすべき革新」の企画・コーディネートをさせて頂きました。
 
スポーツ・文化・フォーラムの協賛イベントである都市の未来を考える国際会議「Innovative City Forum 2016」の中で、下記ダイバーシティをテーマにしたプログラムの一部企画コーディネートをお手伝いさせて頂きました!
   
日経ビジネススクール×ICF2016 Joint Program
「TOKYOが担うべき多様性、もたらすべき革新」
登壇者はMITメディアラボのデザイン・フィクション・グループで研究員も務める世界的アーティストの長谷川愛さん、教育デザインファームである株式会社レア代表取締役の大本綾さん、トロワ・クルールの創業者でLGBTアクティビストの増原裕子さんと、早稲田大学ビジネススクール准教授で経営学者の入山章栄さん、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 参事官の村上 敬亮さん。
荒川区創業セミナースタートアップコースで講演させて頂きました!
 
荒川区「創業セミナー」スタートアップコースの最終日に、参加者の皆さんのビジネスプラン発表会の講評と特別講演を務めさせて頂きました。
http://www.start-arakawa.biz/seminar.html
 

昨年も講演させて頂いた、荒川区創業スタートアップコース。今年もまた機会を頂き、継続してお話を頂けるご縁に感謝しています(^_^)
 
熱意が非常に伝わってくるようなビジネスプラン発表会では、皆さんそれぞれのご経験や想いから立脚した、様々なビジネスプランの発表が行われ、どのプランにも社会に対して新しい価値の創造がされていく可能性を感じました。
岡村製作所様で"女性が活躍する組織とイノベーションを生み出すダイバーシティ・マネジメント"をテーマに講演をさせて頂きました。
 
岡村製作所 労働組合で開催されたトップリーダーセミナーの中で、"女性が活躍する組織とイノベーションを生み出すダイバーシティ・マネジメント"をテーマに講演をさせて頂きました。 
岡村製作所様はオフィス用の家具・収納・アクセサリーなどを取り扱い、オフィス家具では日本の中でシェアNo.1。オフィスだけでなく、コンビニや商業施設、医療福祉施設、行政、研究機関などにも様々なソリューションを提供されている企業です。
http://www.okamura.co.jp/
無から有をつくりだす飽くなき探究心を持った「ものづくり」の精神が創業時代から受け継がれている企業で、今年で71年。約30年後には100周年を迎えられます。
働く環境を提供している企業として、高品質な技術やデザインの商品だけでなく、その商品を使う“人”や“空間(働く環境・ワークスタイル)”のことを研究し、日本の新しい働き方やワークスタイルも発信されています。
早稲田大学ビジネススクール×日経ビジネススクールPresents MBA Essentials 2016<アドバンスコース> ダイバーシティマネージメントで講演させて頂きました!
 
日経ビジネススクールと早稲田大学ビジネススクール(WBS)と共同で開講されている「MBA Essentials 2016<アドバンスコース>」。  
その中で“ダイバーシティマネジメント”をテーマとした第4回の講座が開講されており、早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授の川本裕子先生からの国際的な視野やアカデミックな観点からもダイバーシティ経営が学べるスペシャルな講座が、土曜日と平日早朝に開講されています。

http://school.nikkei.co.jp/special/mba2016w10/index.html

 
その中で、第2回のインスピレーショントークとして「女性が活躍する組織とイノベーションを生み出すダイバーシティマネジメント」をテーマに講演をさせて頂きました。
台東スタートアップ創業スクール 女性起業家コースで弊社代表の猪熊がマーケティングの講演をさせて頂きました.
 
昨年も一部講座を担当させて頂いた、平成28年度地域創業促進支援事業 台東区主催の“台東スタートアップ創業スクール 女性起業家コース”で「何を誰にどう売るのか」をテーマに弊社代表の猪熊がマーケティングの講演をさせて頂きました。http://www.taito-sougyou.info/
今回は3時間というお時間を頂いて、ワークも交えながら、“想いを「価値」にして、事業を通して社会を幸せにする方法”をコンセプトにお話をさせて頂きました。
京都流議定書2016にて、『女性が活躍できる組織とイノベーションを生み出すダイバーシティ経営』をテーマに講演させて頂きました。!
 
京都流議定書2016で(株)ナチュラルリンクの高野さん、(株)megamiの小島さんと一緒に登壇させて頂きました。テーマは女性が活躍できる組織とイノベーションを生み出すダイバーシティ経営について。弊社代表の猪熊はコーディネーターとファシリテーターを務めさせて頂きました。
<組織の中で「女性」を活かすためのヒント>や、<社員を「活かす」組織風土に変えていく方法>、<社員の可能性を最大限「活かす」強い会社とは?>という3つのテーマを中心にトークセッションを展開し、高野さんや小島さんからも実体験や具体的な事例などもお話頂いたことで、ご参加頂いた皆様に少しでもお役に立てるヒントが見つかっていれば幸いです。
 
京都流議定書にお越し頂いている皆さんの熱量、そしてここでシェアされている学びの数々があまりにも素晴らしく、ここから新しいイノベーションやムーブメントが生まれていく様子を間近で見させて頂きました。
京都流議定書⇒
http://kyotostyle.jp/
経済産業省の「平成28年度地域創業促進支援研修」で、女性の起業・創業をテーマに講演させて頂きました。!
 
北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から経済産業省の職員の皆様や、各自治体の創業担当者の方が集まられていて、女性たちの起業支援をしている中で感じる、女性が起業するときに陥りがちなポイントや、創業支援でサポートが必要な課題について、またOMOYA Inc.創業までの実体験なども踏まえてお話させて頂きました。
   
いつもは女性たちの前で講演させて頂くことが多いのですが、
女性の起業を支援されている方々に向けて「リアルな女性の代弁者」としてお話させて頂くことで、女性たちの気持ちや志向性、必要なサポートを理解して頂き、女性たち一人ひとりの幸せにも繋がる、より本質的な創業支援を日本全国で実現していくために、少しでもお役に立てればと思っています。
経済産業省 中国経済産業局主催/広島県・広島市共催の“多様な社員が活躍する組織を創るダイバーシティ経営セミナー”で弊社代表猪熊がファシリテーターをさせて頂きました!
 
「女性が活躍する組織とイノベーションを生み出すダイバーシティ経営」というテーマで、(株)ナチュラリンク 代表取締役 高野さんと、(一社)at Will Work 代表理事の藤本さん、日本政策金融公庫 中国ブロック女性活躍推進専任者の岸口さんというお三方と一緒に、トークセッションで登壇させて頂き、弊社代表の猪熊がファシリテーターを務めさせて頂きました。
パネルディスカッションのパートでは、下記の2点をゴールに置きました。
①女性活躍やダイバーシティ経営が企業にもたらす効力の示唆
②実態経営に直接反映できる実現可能なアイデアのヒント
パネルディスカッションでは、最初にインプットセミナーとして「なぜ、いま女性活躍推進なのか?」「企業の成長に寄り添うダイバーシティ経営」という2つのテーマで、このテーマの全体像と、問題解決の大きな方向性を示しつつ、トークセッションでよりリアルな事例や組織現場で起きることを様々な角度でお話させて頂きました。
北区・荒川区の両区での合同開催は初めてとなる、「北区・荒川区 起業家交流会2016」にて、“起業家が知っておくべき3つのこと”をテーマに登壇させて頂きました!
 
第1部では、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター代表理事の永沢 映さんと一緒に、講演とトークセッションをさせて頂き、 第二部では起業家の皆さんや、商工会議所、金融機関の方も集まっての交流会が行われました。
最近では、小規模経営や自己資本のみでの起業、おひとりさま起業のような形も増えていて、リスクもかつてよりも少なく、自己実現や自分の本当にやりたいことを、事業化していく起業も増えているそうです。
一方で経営には多角的な力も必要。経済合理性や生産性、社会的な貢献価値、中長期を見据える力、戦略性、戦略を実現する力、人や組織を育てる力など、いろんな局面でたくさんの課題に直面し、様々な力を求められます。 起業が小規模化し、孤立化しやすくなっている分、改めて経営者同士の連携や交流、情報交換、時にはプロジェクトや一事業単位でのアライアンス提携で事業を成長させていくなど、 相互の得意・不得意を自覚し、補完し合えるつながりは今後ますます必要になってくるように感じました。
弊社では女性の起業・創業支援も行っていますが、起業を大それたことと考えず、「自分たちの力を社会に還元していく一つの手法」と捉えて、活躍できる女性リーダーがもっと増えるといいと思っています。
日本人の”心”や”文化”を未来に繋ぐ七宝文様を現代に合う形でリデザイン
ゴールド×ダイヤモンドの”ご縁を繋ぐジュエリー”をプロデュース。
 
「ジュエリーがもっと女性のライフスタイルに寄り添う存在であるために」というコンセプトで立ち上がった、ジュエリーブランドL&coのプロジェクト”100 carats of beautiful life”。弊社代表の猪熊もゴールド×ダイヤを使ったジュエリー”NEO Classic 七宝ネックレス&ピアス”をプロデュースさせて頂きました。
コンセプトは、日本の伝統文様である「七宝文様」をモチーフとした"ご縁を繋ぐジュエリー"。七宝文様は、円が無限に広がる文様であることから、円満や財産、子孫繁栄などの意味が込められているとされ、また永遠と続く円(=縁)が人と人とのご縁を繋ぐとも言われています。
この七宝文様を、日本人の”心”や”文化”を未来に繋ぐ文様と捉え、
今のライフスタイルやファッションに合わせられるジュエリーとしてリデザインしました。

自分へのご褒美に、大切な人への贈り物として、海外への旅立ちに、素晴らしいご縁を繋いでくれる強い味方として、愛してもらえたらと思っています。
弊社代表の猪熊が「台東スタートアップ創業スクール」にて講演させていただきました!
 
台東スタートアップ創業スクールは、「好き・やりたい」をキチンとビジネスに、というコンセプトのもと様々な経験をお持ちの起業家から、実践で役立つ知識をカリキュラムに沿って受けられるというもの。その中で、弊社代表の猪熊は「会社の強みをより戦略的に活かすためのブランディング戦略のコツ」をテーマにお話ししました。講演では、企業ブランディング・セルフブランディングの基礎から、ウェブでのブランディング戦略のコツといった実践的なことまでお伝えしました。
京都の伝統ある老舗料亭、歴史ある神社仏閣で和の結婚式を提案する”京都結婚日和”のビジネスプロデューサーに就任。
 
京都の伝統ある老舗料亭、歴史ある神社仏閣で和の結婚式を提案する”京都結婚日和”というサービスのビジネスプロデュースをさせて頂くことになりました。
◎京都結婚日和 http://kekkonbiyori.jp/
◎京都結婚日和Facebookページ https://www.facebook.com/tnc.ibloom
 
2020年のオリンピックに向けて、日本伝統文化や「和」に対する注目が高まっていますが、その流れもあって、改めて「和の結婚式」の注目も高まっています。格式があり、本質的な意味を感じられる神社・仏閣での挙式。白無垢や色打掛など日本の美しい伝統を感じられる和装。家族の絆や日本の美意識や文化の豊かさをを感じることができるのも「和の結婚式」の魅力です。「京都結婚日和」は様々な和の結婚式のプロデュースを行っており、重要文化財や非公開寺院など特別感の溢れる結婚式も挙げることができます。女性たちの、結婚式から始まる何十年という日々の暮らしが豊かであるように、日本の美しい美意識や文化を次世代に継いでいけるように、という想いで、京都結婚日和のビジネスプロデュースをお手伝いさせて頂くことになりました。
9月5日、弊社代表の猪熊が荒川区「創業セミナー」スタートアップコースにて講演させていただきました!
 
荒川区では、事業を興したいと考える方々のサポートに力を入れているそうで、今回講演させていただいた創業セミナーもその一環。その中で、猪熊は「あなたの想いが道になる。会社を起業するということ」と題してお話しいたしました。講演では、「なぜ、独立・起業したのか?」「事業テーマの決め方・起業するまでの経験談」をお話ししました。起業するまでの経験談の中で、特に猪熊が大切だとお話ししたのがメンターの存在です。今回の参加者の中にも、何名かの方にはメンターがいるとお答えいただきましたが、一般的にはまだ多くないようです。OMOYAを創業する際、猪熊は特徴や強みが違う複数の方に相談し、起業する際の理念や事業内容を考えていきました。ご参加いただいた皆様からも、メンターの見つけ方や重要性についてなど、メンターについてのご質問をたくさんいただきました。
リクルートホールディングスのダイバーシティ推進の取り組み<Career Cafe 28 BOSS>で弊社所属の文化人の予防医学研究者・医学博士の石川善樹が「女性の特性を理解する」というテーマで対談させて頂きました。
 
リクルートグループで2011年から取り組まれている、今後ライフイベントの節目を迎えていく28歳のタイミングで、自らの強みや今後のキャリアを考えるきっかけとなることを目的とし、ワークショップ及び個別面談を行う<Career Cafe 28>。女性メンバーの成長をより加速させるためには上司のサポート、および意識変革が必要であると考え、今年は女性向け<Career Cafe 28>の管理職向け<Career Cafe 28 BOSS>が開催され、弊社所属の文化人予防医学研究者・医学博士の石川善樹が「女性の特性を理解する」というテーマで(株)プロノバ代表取締役社長の岡島悦子様と対談させて頂きました。
 
リクルートホールディングスのレポートはこちらから。
早稲田大学 大川ドリーム基金 寄附講座で藤沢久美さんと弊社代表の猪熊が"今、そして未来に求められている「多様性」と「イノベーション」とは?”というテーマで登壇させて頂きました!
 
5月19日に行われた、早稲田大学 大川ドリーム基金寄附講座「グローバル・ベンチャー企業の創出と経営―起業家の価値創造戦略」で、弊社代表の猪熊がシンクタンク・ソフィアバンク代表の藤沢久美さんと一緒に登壇させて頂きました。世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・リーダーにも選出され、国籍も文化や宗教的な背景も違う様々な方とも交流の深い藤沢さんから、本当の意味でのグローバリゼーションや、そのために必要な「多様性」への理解について、猪熊自身も聞いてみたかったという個人的な質問も交えてお話を伺わせて頂きました。多様性を包含するだけでなく、その多様性を活かして新しい価値を創造するためのファシリテーションスキルやイノベーションのお話。また東出教授や井上先生を交えて、日本のダイバーシティーやイノベーションにおける課題的な側面や、アントレプレナーシップについてのお話など、たくさんのお話を頂いて、あっという間の2時間でした。
弊社代表の猪熊が荒川区主催の女性フォーラム 「WOMEN'S NETWORK(ウーマンネットワーク) ~女性のつながりが未来をつくる~で登壇させていただきました!
 
2月2日、荒川区で行われた「WOMEN’S NETWORK 〜女性のつながりが未来をつくる〜」に弊社代表の猪熊が登壇させていただきました。このイベントは、女性の起業家、経営者、管理職の方を対象にしたもので、登壇されたのは、日本最大の女性社長コミュニティサイト「女性社長.net」を運営する株式会社コラボラボ代表取締役の横田響子さん、“女性が自然体で働ける社会づくり”をテーマに事業を展開するCoccotoGroup代表の宮本直美さん、弊社代表の猪熊の3名。女性の活躍やつながりを支援するという共通点を持つ3名が「女性のチカラ、つながり、未来」をテーマにトークセッションを行いました。
BSジャパン Wのチカラ ウーマノミクスにて弊社代表猪熊が密着取材頂きました!
 
【仕事も人生も楽しむ女性たち】の活き活きとした姿を取り上げ、働く女性たちを元気にしていく番組、BSジャパン「Wのチカラ ウーマノミクス」(毎朝土曜朝8時半〜放送)。 先日の放送では、弊社代表の猪熊を密着取材で取り上げて頂き、OMOYA Inc.で取り組んでいる「女子未来大学」事業や女性プロデューサー事業などをご紹介頂きました。 女子未来大学は始まったばかりのまだまだ新しい事業ですが、女性たちに価値ある新しい機会を提供できるように、女性たちのリアルな代弁者であれるようにこれからも尽力して参ります。
 
番組HP  http://www.bs-j.co.jp/womenomics/
アーカイブ  http://www.bs-j.co.jp/womenomics/bn68.html
HOT PEPPER Beauty Academy主催 女性美容師として生きていく。
女子限定セミナーvol.2
 
全国のビューティーサロン経営のお手伝いを目的に設立した、無料の経営支援スクール「HOT PEPPER Beauty Academy(ホットペッパービューティーアカデミー)」。http://hba.beauty.hotpepper.jp/
『ホットペッパービューティー』オフィシャルスクールならではのユーザー情報と、予約・顧客管理システムをはじめとしたネットサービスの活用法、美容業界向け人材育成研修等を通じて、リクルートならではの安定的な店舗運営のための集客、顧客満足、人材育成の学びの場を無料で提供しているアカデミーです。
HOT PEPPER Beauty Academyが主催する、これからのキャリアを考える女性美容師の方々を200名弱集めたセミナー「女性美容師として生きていく。」が開催され、この企画&コーディネートの一部をOMOYA Inc.でお手伝いをさせて頂きました。今回の企画は、これからのキャリアを考えている女性美容師さん達をターゲットに、キャリアを考えるための情報提供や、多様なロールモデルの提示、女性美容師同士の相互の交流を通して、この美容業界を離れることなく、「美容師として生きていくこと」を考えてもらうことを目的とした企画です。
女性の可能性をもっと還元できる社会へ
WOMEN PRODUCERS PROJECTを始動!
 

OMOYA INC.の女性の可能性を社会に還元する新しい取り組みとして、女性プロデューサー集団でプロジェクトチームを組織し、社会に対して新たな価値の創造・発信を行う WOMEN PRODUCERS PROJECT を始動します!

 WOMEN PRODUCERS PROJECTとは、自らの強みを活かして他者の為に継続的に活動を続ける女性達を「女性プロデューサー」と定義し、女性ならではの感性や共感力・マーケティング力など、女性の力を必要としている企業・行政とのマッチングを促進し、商品やサービス、街や地域などのリブランディング・プロデュースを行うプロジェクトです。
 
WOMEN PRODUCERS PROJECTの詳細はこちらから。

第67回カンヌ国際映画祭においてレッドカーペットでご着用頂いた、河瀬直美監督の西陣織のドレスをプロデュースしました。
 

第67回カンヌ国際映画祭において、最高賞「パルムドール」を競うコンペティション部門に、河瀬直美監督の「2つ目の窓」(日本公開7月26日)がノミネートされ、一般社団法人 全日本伝統文化後継者育成支援協会において、河瀬監督のカンヌ国際映画祭のためのドレスを一着プロデュースさせて頂きました。今回、元禄年間に西陣の地で大寺院御用達の織屋として創業した、西陣織の老舗「細尾」さんにドレスをご制作頂きました。(株)細尾さんでは、西陣織をグローバルに通用するテキスタイルとして捉え直し、ファブリックとして世界で勝負するために、数年前より150センチ幅の西陣織の織機を開発し、帯の技術、素材をベースにしたファブリックを海外に向けて展開し、伝統業界をクリエイティブ産業として捉え直し、世界へ発信する革新的な活動をリードされています。「2つ目の窓」の撮影のために訪れた奄美大島でご縁を感じたという「白」をコンセプトカラーに、革新的な西陣織の見本の中から生地選びを行い、デザインを摺り合わせたドレスを第67回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにてご着用頂きました。

慶応義塾大学(SFC)Personal Culture Project×品川女子学院 コラボイベントにて女子高生200名を対象にゲスト講演を行いました!
 

「自分らしい生き方の創造支援」と「ダイバーシティーのための場作り」を目的としたワークショップスタイルのイベントで、慶応義塾大学(SFC)Personal Culture Projectからお声かけ頂き、品川女子学院の高校生200名に向けたイベントのゲストスピーカーとして登壇させて頂きました。講演では「パターン・ランゲージ」の5つのパターンを元に、女性の自信形成についてのお話をさせて頂きました。

 

「Personal Culture Project」とは、慶應義塾大学井庭研究室の一プロジェクトとして2012年秋から活動を始め、自分らしい生き方の創造」という切り口から、「あらゆる人々が、自分たち で自分たちのの手で認識・モノ・仕組み・未来を創造する社会」の実現を支援することを目的としていています。“自分らしさ”をPersonal Culture(パーソナルカルチャー)と呼び、それを認識・発展することを「自分らしく生きること」とし、その支援ツールとして「パターン・ランゲージ」の 考え方に基づき『Personal Culture Patterns(パーソナルカルチャー・パターン)』を作成しています。

LECTURe.

講演実績

OMOYA Inc. 代表取締役の猪熊の講演実績の一部をご紹介します。
講演のお申し込みやお問い合わせはこちらからお願い致します。

■2007年10月 
大妻女子大学『就職活動と女性のキャリアについて』
対象:大妻女子大学の学生 80名
 
■2007年10月
中央大学『就職活動と女性のキャリアについて』
対象:中央大学の学生 150名
 
■2012年3月
ジョシカツナイト『ロールモデルとしての社会人女性とキャリア』
※ゲストスピーカー兼、ロールモデル女性のアサイン
対象:女子大生 50名
 
■2013年3月
キャリア志向女性対象のコミュニティーShare Lounge『20代で女性がすべき3つのこと』
対象:大学生・社会人女性対象 50名
 
■2013年10月
Girls Leader Summit 『社会を動かすリーダーになるためのキャリアの作り方』パネルディスカッション
対象:女子大生 200名
 
■2014年3月
慶応大学(SFC)×品川女学院コラボイベント
『自分らしい生き方の創造支援とダイバーシティーのための場作りを目的としたCluture Shock』

対象:品川女学院の女子高生 200名
 
■2014年3月
Girls Career College主催『女子大生がより良いチャンスに出会い、より人生を豊かに、幸せに生きる』
対象:女子大生 200名
 
■2014年8月
OMOTENASHI Woman Challenge2014『Leader’sトーク ビジネスに効く「女子力」を磨こう!』
主催:一般社団法人おもてなし経営推進協会|OMOTENASHI Academy
後援:日本マイクロソフト株式会社
定員:100名
 
■2014年11月
地域創業促進支援事業の目黒区創業スクール『女性×マーケティング」
対象:女性経営者、創業予定の女性
 
■2015年2月
荒川区主催の女性フォーラム 「WOMEN'S NETWORK(ウーマンネットワーク) ~女性のつながりが未来をつくる~」
対象:創業・起業を考えている女性、女性経営者
主催:荒川区
 
■2015年5月
早稲田大学 大川ドリーム基金寄附講座「グローバル・ベンチャー企業の創出と経営―起業家の価値創造戦略」
講演テーマ:"今、そして未来に求められている「多様性」と「イノベーション」とは?”
登壇者:シンクタンク・ソフィアバンク代表 藤沢久美様・OMOYA Inc. 猪熊
 
■2015年9月
荒川区 創業セミナー「スタートアップコース」 特別講演「あなたの想いが道になる!会社を起業するということ」
主催:荒川区
 
■2015年10月
埼玉県 創業セミナー「女性起業家コース」
主催:株式会社Coccoto
 
■2015年11月
Women's Career Meeting 「思いをカタチにした女性たち」
主催:株式会社インテリジェンス
対象:社会人女性100名

 

■2016年2月

北区・荒川区 起業家交流会2016 “起業家が知っておくべき3つのこと”

主催:北区・荒川区

対象:北区又は荒川区で起業して概ね5年以内の方又は起業予定の方
主催:北区、荒川区
後援:関東経済産業局/独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部/公益財団法人東京都中小企業振興公社/東京商工会議所 北支部/東京商工会議所 荒川支部/株式会社日本政策金融公庫 上野支店/城北信用金庫/瀧野川信用金庫

■2016年5月

日本政策金融公庫主催、中小機構・エコッツェリア協会共催「女性のための創業支援フォーラム」

主催:日本政策金融公庫
共催:中小企業基盤整備機構、エコッツェリア協会

対象:起業を考えている女性110名

■2016年6月

『多様な社員が活躍する組織を創るダイバーシティ経営セミナー』(中国経済産業局)

主催:経済産業省 中国経済産業局 
共催:広島県・広島市

​対象:ダイバーシティ経営に関心のある経営者・企業関係者120名

■2016年7月
第9回 京都流議定書 女性みらい対談

『女性が活き活きと活躍できる組織とイノベーションを生み出すダイバーシティ経営』
主催:京都流議定書(株式会社ウエダ本社)

■2016年 8月

経済産業省 平成28年度地域創業促進支援研修 女性の起業・創業について

主催:経済産業省

対象:全国の経済産業省と地方自治体などの職員様向け

■2016年 8月

経済産業省 中国経済産業局『女性の活躍とワーク・ライフ・バランスについて』

主催:経済産業省 中国経済産業局

対象:経済産業省中国経済産業局 職員向け

■2016年 9月

平成28年度地域創業促進支援事業 台東区主催 “台東スタートアップ創業スクール 女性起業家コース"

対象:創業・起業を考えている女性 約30名

■2016年 9月

早稲田大学ビジネススクール×日経ビジネススクールPresents MBA Essentials 2016<アドバンスコース> ダイバーシティマネージメント インスピレーショントーク「女性が活躍する組織とイノベーションを生み出すダイバーシティマネジメント」

主催:早稲田大学ビジネススクール、日経ビジネススクール

■2016年 9月

岡村製作所 労働組合 "女性が活躍する組織とイノベーションを生み出すダイバーシティ・マネジメント"

■2016年 12月

経済産業省 中小企業政策審議会第9回基本問題小委員会  創業についてのプレゼンテーション

■2017年 1月

岡村製作所 労働組合主催『Woman Forum 2017』 オカムラが女性が長く活き活きと働ける会社になるために
 

■2018年 4月

ワークラボ八ヶ岳主催(WORK LAB YATSUGATAKE)「女性の新しい働き方の今」
 

■2018年 6月

東京女子大学香川支部 「これからの女性の幸福論」

■2018年 8月

東アジアのエグゼクティブ女性のネットワーク「THE CHOICE」主催「人と組織を理解する心理学(導入編)」

■2018年 9月

経済産業省 近畿経済産業局のLED関西(女性起業家応援プロジェクト)×女子未来大学 「やりたいことを事業化するための初心者向け起業講座@大阪」

■2018年 9

群馬県太田市主催のおおたなでしこ未来塾「マーケティングと事業化について」

■2018年 9

日経ビジネススクールの『【第18回】次代を拓く日経オオテマチ会議「女性」×「働く」のリアル談義 〜私らしく働くとは?〜』

■2018年 10

社会保険労務士制度創設50 周年記念事業 「働く人の未来を幸せにしたい」シンポジウム

■2018年 10

経済産業省 近畿経済産業局のLED関西×女子未来大学「ビジネスプランをブラッシュアップする事業戦略ゼミ」

■2018年 10

平成30年度大分県女性起業家創出促進事業「Product Women Hub」にて地域資源等を活用したプロダクト・商品・ものづくりをしている女性起業家向けの講演
 

「地方創生ベンチャーサミット2019 ローカルテック(地域×テクノロジー)の可能性 supported by KDDI 」にて、教育の分科会でモデレーターをさせて頂きました。

 

「ICT教育が地域にもたらすインパクト」をテーマに、

 

そもそもEdTechとはどういうものか?

教育にテクノロジーが融合することで、どのような学びの変化が起こり、地域そして日本での学び方・働き方・暮らし方にどのような変化があるのか、また実現していく中での課題などについてお話頂きました。

「地方創生ベンチャーサミット2019 ローカルテック(地域×テクノロジー)の可能性 supported by KDDI 」にて、教育の分科会でモデレーターをさせて頂きました。

 

「ICT教育が地域にもたらすインパクト」をテーマに、

 

そもそもEdTechとはどういうものか?

教育にテクノロジーが融合することで、どのような学びの変化が起こり、地域そして日本での学び方・働き方・暮らし方にどのような変化があるのか、また実現していく中での課題などについてお話頂きました。

株式会社オカムラのWORK MILLで行われているさまざまなコラボレーターとの共創プロジェクトや日々のリサーチ成果の発表を目的とした企画展 “WORK MILL EXHIBITION 01 ~どうなる?これからの「はたらく」~”に大阪と東京で登壇させていただきました!

 

大阪・Open Innovation Biotope “bee”では「関西で考える女性活躍」を、東京・Open Innovation Biotope “Sea”では「東京で考えるこれからの働き方」について、パネラーのみなさまと一緒にお話させていただきました。

関西はこちら

​東京はこちら