© 2016 OMOYA Inc. All Rights Reserved.

way

 

それぞれが多様な想いや価値観を持ちながら、

自らの原点を理解し、想いに対して誠実に歩める世の中へ。

 

女性の力を日本の中心に。

女性たちの可能性を最大化できる社会へ。

 

【好評発売中】弊社代表猪熊の著書「私らしさのつくりかた」全国書店&amazonにて発売中。
 
SHIBUYA TSUTAYA(週間ランキング 文芸書1位)/ブックスタジオ大阪店(週間ランキング 女性エッセイ1位)/
くまざわ池袋(週間ランキング 総合1位)/三省堂書店 有楽町店(ノンフィクション 週間ランキング第1位)
 
 
1.
Women's eMpowerment

女性活躍推進事業

ダイバーシティマネージメント

研修事業など

2.
CONsulting&
Management

経営コンサルティング

ブランドコンサルティング

文化人マネージメント事業

3.
Marketing&
Promotion

企画・プロデュース

マーケティング

プロモーション・PR事業

 

人々は日々たくさんの“想い”を抱えて生きています。
“想い”が人を巻き込み、他者や社会の中に新しい価値を生み、

先人たちの様々な“想い”の上に私たちは成り立っています。
 
心から想うことの情熱。想いをただの空想や夢のままで終わらせないこと。
想いを一歩前に進め、現実にしていくことの価値。

多様な想いが集まったときの社会を大きく変える推進力。
 
OMOYA Inc.では“あなたの想いが道になる”をコンセプトに
企業や行政や個人の想いを“現実”にしていくお手伝いを致します。
 
経営者や創業者の想いや、 商品・ブランド・サービス・その街に込められた想いを、

生活者や世の中に伝わるように伝えること。
マーケットにある潜在的なニーズを探りだし、
想いが生活者の幸せに繋がるような企画や事業へと共に成長させていくこと。
 
企業や行政や個人の“想い”を現実にするお手伝い、そんな「想い屋」のような存在とありたいと願っています。
 
そして、OMOYAは日本語では「母屋」と書きます。
母屋とは本来、家族が住む中心となる建物のことを意味するのですが、「母屋」にはその名の通り、"母"という言葉が入っています。
また"中心"という意味もあります。
 
女性たちが持つ、“母性”としての 「生み出す」「育む」「受け入れる」力や、
女性ならではの視点や感性は、これからの社会において、家族の中で発揮されるだけでなく、
社会や世界の中で花開くことで、より大きな価値を生み出せると信じています。
 
女性たちが家庭や社会や世界の中でより活躍し、
多様性を受け入れ、融合させ、新たな価値を生み出し、育めるような存在になることを、
OMOYA Inc.は全力でサポートしていきたいと想っています。
 
女性の力を日本の中心に。OMOYA Inc.は、女性たちの可能性を最大化できる社会に貢献します。

 

<way>

それぞれが多様な想いや価値観を持ちながら、

自らの原点を理解し、想いに対して誠実に歩める世の中へ。

 

女性の力を日本の中心に。 女性たちの可能性を最大化できる社会へ。

OMOYA Inc.


107-0061

東京都港区北青山三丁目5番6号3階

  • Facebook - Grey Circle